読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アートと政治の交差点〜The Intersection between Art and Politics

政治、経済、世の中のもろもろな事をアートとともに読み解きます。

鳥越氏の立候補とリベラルの結集

鳥越俊太郎氏が野党統一候補として立候補を決めました。古賀茂明氏擁立の動きもあったようですが、民進党本部側でうごきがあったようです。そして一夜明けて昨日、先に立候補表明していた宇都宮健児氏が立候補を取り下げました。政治の世界ですから、裏で何があったのかはわかりませんが、結果的に野党連合統一候補候補者を擁立できたことは、参議院からの学びがあるということでしょう。

勇気をもって立候補した鳥越氏、候補者一本化を促進した古賀茂明氏、苦渋の選択であったであろう宇都宮氏、そして忘れてはならない石田純一氏、リスクを恐れず統一候補擁立への見えない流れをつくったことはまちがいありません。

そして重要なのは、この短い期間で、これらの人々が話し合い、譲り合いによって流れをまとめていったリベラリズムの真髄を見た気がします。

宇都宮さんにいたっては、きちんとた政策をお持ちの上、統一候補による現状打破という部分で苦渋の選択であったと思います。

私は個人的に、手打ちの時点で、宇都宮氏の政策は一考に価する。 当選後 副知事または政策参与に迎えるという宣言をする戦略がよかったと思います。

場合によっては、アメリカ大統領選のように、降りた候補者を巻き込んでいくように、例えば、古賀氏、上杉氏を巻き込んで経済政策強化や、情報公開などにとりくむという立ち位置をとる方法もあったと思いますし、いまでも、それが自公に対する最強の戦略だと信じています。

鳥越氏は会見を見る限り、ビジョナリー型なので、これから出てくるであろう各個別政策の論旨の破綻が心配されます。

加えて現時点では、鳥越氏のジャーナリスト出身という自分の強みにしていないように思います。

「都政の情報公開、透明化」これを公約アジェンダのトップにあげれば、都民の関心の強い、舛添問題も、オリンピック問題も、ドン内田はじめ都議会運営の問題も一気に解決策として展開することができるはずです。

まずは自分の土俵に敵をつれてくることが必要なのではないでしょうか?

いずれにしても、サイは投げられた。自分の信念にしたがいつつ、都民を巻き込んで、がんばってほしいです。

 

ということで今日のアーチストはQueen  「Don't Stop Me Now!」

youtu.be